インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  浮世絵 猫 百景 -国芳一門ネコづくし-

浮世絵 猫 百景 -国芳一門ネコづくし-

■踊る猫、化ける猫、装う猫…
【会期終了】 猫を描いた浮世絵ばかりを集めた、楽しい展覧会が太田記念美術館ではじまりました。ペットになったり、擬人化したり、化け猫になったり。全部で何匹の猫が出ているかというと…
インターネットミュージアムの読者の関心も高く、開幕前から期待のコメントがfacebook経由で寄せられていた展覧会。

展覧会のチラシもピンクの背景でポップなデザインと、いつもの太田記念美術館とは少し雰囲気が異なります。


2階の会場

「奇想の絵師」として知られる歌川国芳は、懐にネコを入れたまま絵を描いていたほど、大の猫好き。展覧会では国芳の作品をはじめ、国芳の弟子や周辺の絵師が描いた作品、243点が展示されます(前後期含む)。


地下の会場

会場は8章で構成。擬人化された猫をはじめ、ペットとしての猫、化け猫、猫が集まって文字や絵になった人文字ならぬ猫文字など、あらゆるスタイルの猫が登場する、まさに360度猫尽くしの展覧会です。


三代歌川広重が絵を描いた《百猫画譜》

猫の仕事といえば、もちろん鼠を捕まえること。鼠から食料を守るため、益獣としての猫を描いた作品も紹介されています。

6図で構成される月岡芳年の《猫鼠合戦》は、芳年20歳の作品。なぜか6図中5図までが、鼠が優勢の場面になっているのも興味深いところです。


月岡芳年《猫鼠合戦》

猫好きにはこたえられない展覧会。冒頭で書いたクイズは、総勢2321匹の猫が出ているとのことです。カウントされた担当の方、お疲れさまでした。

 

余談ですが、「猫の浮世絵」と聞くと、当然「犬の浮世絵」も気になるところです。犬が登場する浮世絵も知られていますが、なぜか猫ほどは多くないそうです。

一般的な分析では、犬派は協調性重視、猫派は個人志向。江戸時代の人はマイペースの人が多かったのかもしれません。(取材:2012年5月31日)

江戸猫 浮世絵 猫づくし

稲垣 進一 (著), 悳 俊彦 (著)

東京書籍
¥ 1,995

会場太田記念美術館
開催期間2012年6月1日(金)~7月26日(木)
所在地 東京都渋谷区神宮前1-10-10
TEL : 03-5777-8600
HP : http://www.ukiyoe-ota-muse.jp
展覧会詳細へ 浮世絵 猫 百景 -国芳一門ネコづくし- 詳細情報
取材レポート
東京都美術館「クリムト展 ウィーンと日本
クリムト展
「横手市増田まんが美術館」がリニューアル'
増田まんが美術館
国立新美術館「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」
ウィーン・モダン
東京都庭園美術館「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」'
キスリング展
三菱一号館美術館「ラファエル前派の軌跡
ラファエル前派
ホキ美術館「スペインの現代写実絵画
スペインの現代写実
東京国立博物館「特別展 美を紡ぐ
日本美術の名品
三井記念美術館「鎌倉禅林の美 円覚寺の至宝」'
円覚寺の至宝
東京国立博物館「国宝
国宝 東寺
横須賀美術館「縮小/拡大する美術 センス・オブ・スケール展」'
スケール展
森アーツセンターギャラリー「ムーミン展」
ムーミン展
パナソニック汐留美術館「ギュスターヴ・モロー
モロー展
東京ステーションギャラリー「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」'
ルート・ブリュック
国立西洋美術館「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ
ル・コルビュジエ
東京都江戸東京博物館「江戸の街道をゆく」'
江戸の街道をゆく
横浜美術館「Meet
アートと人と美術館
国立科学博物館「特別展
大哺乳類展2
サントリー美術館「information
左脳と右脳
あべのハルカス美術館「クマのプーさん展」
[エリアレポート]
クマのプーさん展
愛知県美術館「アイチアートクロニクル1919-2019」
[エリアレポート]
アイチクロニクル
奈良国立博物館「国宝の殿堂 藤田美術館展 曜変天目茶碗と仏教美術のきらめき」
[エリアレポート]
藤田美術館展
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
インターネットミュージアム アルバイト募集中
2019年の展覧会予定(東京・名古屋・大阪 近郊)
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ギュスターヴ・モロー 展 ー サロメと宿命の女たち ー ハプスブルク展−600年にわたる帝国コレクションの歴史 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 特別展 「恐竜博 2019」
特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品 ― 雪舟、永徳から光琳、北斎まで ―」 鎌倉禅林の美「円覚寺の至宝」 ムーミン展 六古窯 ― 〈和〉のやきもの
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
グランプリは「ペッカリー(ヘソイノシシ)象形土偶」でした
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2019 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社