インターネットミュージアム
美術館・博物館・イベント・展覧会 インターネットミュージアム
  インターネットミュージアム  >  取材レポート  >  浮世絵 猫 百景 -国芳一門ネコづくし-

浮世絵 猫 百景 -国芳一門ネコづくし-

■踊る猫、化ける猫、装う猫…
【会期終了】 猫を描いた浮世絵ばかりを集めた、楽しい展覧会が太田記念美術館ではじまりました。ペットになったり、擬人化したり、化け猫になったり。全部で何匹の猫が出ているかというと…
インターネットミュージアムの読者の関心も高く、開幕前から期待のコメントがfacebook経由で寄せられていた展覧会。

展覧会のチラシもピンクの背景でポップなデザインと、いつもの太田記念美術館とは少し雰囲気が異なります。


2階の会場

「奇想の絵師」として知られる歌川国芳は、懐にネコを入れたまま絵を描いていたほど、大の猫好き。展覧会では国芳の作品をはじめ、国芳の弟子や周辺の絵師が描いた作品、243点が展示されます(前後期含む)。


地下の会場

会場は8章で構成。擬人化された猫をはじめ、ペットとしての猫、化け猫、猫が集まって文字や絵になった人文字ならぬ猫文字など、あらゆるスタイルの猫が登場する、まさに360度猫尽くしの展覧会です。


三代歌川広重が絵を描いた《百猫画譜》

猫の仕事といえば、もちろん鼠を捕まえること。鼠から食料を守るため、益獣としての猫を描いた作品も紹介されています。

6図で構成される月岡芳年の《猫鼠合戦》は、芳年20歳の作品。なぜか6図中5図までが、鼠が優勢の場面になっているのも興味深いところです。


月岡芳年《猫鼠合戦》

猫好きにはこたえられない展覧会。冒頭で書いたクイズは、総勢2321匹の猫が出ているとのことです。カウントされた担当の方、お疲れさまでした。

 

余談ですが、「猫の浮世絵」と聞くと、当然「犬の浮世絵」も気になるところです。犬が登場する浮世絵も知られていますが、なぜか猫ほどは多くないそうです。

一般的な分析では、犬派は協調性重視、猫派は個人志向。江戸時代の人はマイペースの人が多かったのかもしれません。(取材:2012年5月31日)

江戸猫 浮世絵 猫づくし

稲垣 進一 (著), 悳 俊彦 (著)

東京書籍
¥ 1,995

会場太田記念美術館
開催期間2012年6月1日(金)~7月26日(木)
所在地 東京都渋谷区神宮前1-10-10
TEL : 03-5777-8600
HP : http://www.ukiyoe-ota-muse.jp
展覧会詳細へ 浮世絵 猫 百景 -国芳一門ネコづくし- 詳細情報
取材レポート
上野の森美術館「フェルメール展」
フェルメール展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
ムンク展
国立西洋美術館「ルーベンス展 ─ バロックの誕生」
ルーベンス展
世田谷美術館「ブルーノ・ムナーリ ―― 役に立たない機械をつくった男」
ブルーノ・ムナーリ
サントリー美術館「扇の国、日本」
扇の国、日本
東京国立近代美術館「アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代」
アジアにめざめたら
千葉市美術館「生誕135年 石井林響展 ― 千葉に出づる風雲児 ―」
石井林響展
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
千の技術博
三菱一号館美術館「フィリップス・コレクション展」
フィリップス展
Bunkamura ザ・ミュージアム「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
吉村芳生
Bunkamura ザ・ミュージアム「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」
ロマンティック
21_21 DESIGN SIGHT「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」
「民藝」展
Gallery AaMo「バッドアート美術館展」
バッドアート美術館
森美術館「カタストロフと美術のちから展」
カタストロフと美術
前橋文学館「企画展「この二人はあやしい」」
この二人はあやしい
国立国際美術館「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」
ニュー・ウェイブ
国立西洋美術館「ルーベンス展 ― バロックの誕生」
[エリアレポート]
ルーベンス展
上野の森美術館「フェルメール展」
[エリアレポート]
フェルメール展
大阪市立美術館「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ――人は人をどう表現してきたか」
[エリアレポート]
ルーヴル美術館展
東京都美術館「ムンク展 ― 共鳴する魂の叫び」
[エリアレポート]
ムンク展
あべのハルカス美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」
[エリアレポート]
エッシャー展
東京ステーションギャラリー「吉村芳生 超絶技巧を超えて」
[エリアレポート]
「吉村芳生」展
東京都写真美術館「建築 × 写真 ここのみに在る光」
[エリアレポート]
建築 × 写真
国立科学博物館「明治150年記念 日本を変えた千の技術博」
[エリアレポート]
千の技術博
第3回 インターネットミュージアム検定
ミュージアグッズのオンラインショップ ミュコレ
2019年の展覧会予定(東京近郊・大阪近郊) 博物館・美術館の情報
皇室がご覧になった展覧会 博物館・美術館の情報
テレビでミュージアム 博物館・美術館の情報
エリアレポート(読者による取材記事) 博物館・美術館の情報
ニュース
一覧
東日本大震災・ミュージアム関連情報サイト MUSEUM ACTION
イベント検索ランキング
ルーベンス展 ー バロックの誕生 没後50年 藤田嗣治展 国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア フェルメール展
ムンク展―共鳴する魂の叫び 新・北斎展 HOKUSAI UPDATED ゴッホ展 「不思議な国のアリス展」神戸展
博物館・美術館検索
ミュージアム干支コレクションアワード 干支コレクションアワード「猪」
いよいよスタートです
ミュージアムキャラクターアワード2018 ミュージアムキャラクターアワード
2018、グランプリは
「雷切丸くん」 でした
人気の展覧会 ブログパーツ アクセス数が多い展覧会を地域別にご紹介、ご自由にどうぞ。
刀剣乱舞(とうらぶ)に登場する刀たち 「刀剣乱舞-ONLINE-」に実装された刀、IM取材分をまとめました。
パートナーサイト 関連リンク集

             

博物館、美術館、展覧会の情報登録
博物館、美術館、展覧会に最適。広告のお問い合わせ
インターネットミュージアムへのお問い合わせ

Copyright(C)1996-2018 Internet Museum Office. All Rights Reserved.
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト[インターネットミュージアム]は、丹青グループが運営しています
協力/ (株)丹青研究所 、編集・制作/ (株)丹青社